オープンスペース街・日誌

7−9月の「ヨッシー&ジュゴンの家」スケジュールは、こちらです

2003年9月E
9月Dへ 10月@へ
 新CD 

『戦争イブ』

   拝啓

 みなさま、戦争前夜を

 いかがお過ごしでしょうか?

      ヨッシー&ジュゴンの家
絶賛発売中 (^^♪
@ なぜ沖縄に
A 都知事さま
B 俺は売れないロックンローラー
C 海の見えない町
D 介護保っ険
E ユージ君
F 心病んでも
G 東京の空の下から
H Rip it up! 破り捨てろ!
  住民基本台帳ネットワーク
I 命の海
J イラクの子ども達は今
K 同じこの星に生まれて
L 夢
M 医療観察法案反対・テーマ曲
N 岐路2003
O 戦争イブ
P 私の愛した街
  全17曲(70分12秒)

9月30日(火) 「街」日誌
 昼食は、タカちゃん作・暴走餃子
新防衛大綱、1年先送り 政府、イラク派遣を優先方針
 政府は、長期的な防衛方針や防衛力整備の全体像を示す新たな「防衛計画の大綱」について、当初予定していた年内の策定を1年先送りする方針を固めた。政府は年内にイラクへの自衛隊派遣を予定しており、その作業を優先させるとともに、大綱の柱である国際協力のあり方の見直しには、イラク派遣の成り行きを見極める必要があると判断した。防衛庁は来年度からミサイル防衛(MD)の配備に踏み出す方針で、防衛の将来像が示されないまま、ミサイル防衛が先行することになる。

 大綱は、76年に初めて策定。95年に冷戦終結を受けて自衛隊の装備の合理化・効率化のために現大綱に改められた。しかし、その後、北朝鮮によるミサイルの発射や工作船事件が相次いで発生。テロ対策も含めた新大綱を策定する方針を内定した。

 01年9月に庁内に「防衛力のあり方検討会議」を設けて、見直し作業を始め、今年末までの新大綱決定と、具体的な装備計画を記した中期防衛力整備計画(中期防)の改定を予定していた。いずれも04年12月に延期される。

 先送り方針を固めた背景には、イラク派遣の作業に集中する必要があるという事情がある。イラク派遣の成り行きを見極めたうえで、今後の国際協力のあり方を新大綱に反映する必要がある−−という判断も働いた。

 また、小泉首相が衆院の10月解散・11月総選挙の方針を決めたことで、政治日程が窮屈になり、年内に期限を切って防衛政策の根幹である大綱改定の政府内手続きを進めることは適当でないと判断した。

 ただ、あり方検討会議の論議を踏まえた報告書は年内にまとめ、「何らかの方向性は打ち出す」(防衛庁幹部)という。

 これまで防衛庁は、MD配備は防衛政策の大きな転換になることから、新大綱や中期防のなかでMDの位置づけを明確にしたうえで、導入するのが望ましいとしてきた。

 しかし、民主党もマニフェスト(政権公約)にMD導入を盛り込むなど、北朝鮮情勢を背景にしたMD導入には「国民的理解が進んでいる」(幹部)と判断。新大綱の策定を待たずに、政府内の配備手続きを進める方針に転換した。

 新大綱の策定では、(1)テロ・ゲリラなど「新たな脅威」への対処(2)大量破壊兵器や弾道ミサイル拡散の現状を踏まえたMDの配備(3)それに伴う大規模な着上陸侵攻に備えた正面装備体系の見直し、などが焦点となっている。

 また、国際協力のための自衛隊の役割が重視されていることから、自衛隊法で「付随的任務」とされてきた海外派遣任務を、国土防衛と同列の「本来任務」に格上げすることや、そのための専門部隊創設も、新大綱の柱になる。 (09/29 15:00)

世界の人々とともに
90人がPEACE ACTIONしました(9・28仙台)
  宮城県連絡会のホームページ

 広島の街をピースウォーク


9.27ヒロシマ行動に100名結集で成功


広島県連絡会
  9.27、本通りをデモする百万人署名運動広島の列
 9.27デモ写真
写真 写真
イラク反戦デモ 

  

  米国と英国のイラク攻撃に抗議する英国市民数千人が27日反戦デモを行った。ロンドンのピカデリーからトラファルガー・スクエアに向かって行進している。2003.09.28 19:56


Click for Large Photo

Click for Large Photo
London San Francisco
 Click For Small photo

Click for Large Photo
New York Barcelona, Spain

Click for Large Photo

Click for Large Photo
Pakistani women Istanbul

Click for Large Photo

Click for Large Photo
  London's Trafalgar Square

Click for Large Photo

Click for Large Photo
Hyde Park, London

Click for Large Photo

Click for Large Photo
Seoul

Click for Large Photo

Click for Large Photo
Tokyo

Click for Large Photo

Click for Large Photo
Thailand Baghdad, Iraq

Click for Large Photo

Click for Large Photo
Manila Bolivia

Click for Large Photo

Click for Large Photo
South Korean Charleston

9月29日(月) 「街」日誌
「街」の日曜日
 一隊は、国立の「辻つじ反戦流し」、
 一隊は、天祖神社のお祭り〜公園、
 もう一隊は、家族サービス&完全休養。
国立・一橋大学前の「辻つじ反戦流し」
 マックもいます
ヨッシーが唄う
天祖神社のお祭り〜公園
 武蔵関公園
みんなが集まって夕食
 焼アジ ゴロ汁。イカが丸ごと入った味噌汁
 コスタリカ人・アルが沖縄旅行以来、初めて登場。注文した三線が到着
 則子さんの指導で三線を弾く
「コスタリカを学ぶ」
エコツーリズム発祥の地(自然保護の先進国)
軍隊を捨てた永世中立国
(いらなくなった軍事
  費は、教育と福祉と自然保護に)

コスタリカ方式選挙(独裁者を作らない、政治家
  に利権の集中を許さない選挙方式)
ペンショナード(外国人に永住条件を示し法律化し   た国)


コスタリカ共和国政府観光局/編
       1800円+税
 満月祭りの時、コスタリカから来たアルからもらったTシャツの話をする、まよなか★しんやさんの事をアルに伝えたら、
とても喜んでいました。
9・25 浦添・金曜集会でも 9・26 辺野古浜集会でも
コスタリカの空軍はペリカン、海軍はカメ、カニ、陸軍はピューマ・イグアナ!! 9・14満月祭り
まよなか★しんやさん&アルさん
軍隊をもたず、自然と共生しているコスタリカのことをTシャツで説明するしんやさん。
0・25 SHIBUYA
 

アルを交えて、
昨日の渋谷ピースウォークを総括しつつ、
今年3月初めからの闘いのビデオを見た後で
話し合いました。

 自民党総裁選での小泉の再選、
 自衛隊のイラク調査・派兵攻撃、
 自民党、改憲を総選挙公約・改憲化策動…

 今起たずして、いつ起つのか!
本気を出そう・必死になろう
 !(^^)!

ということで、具体的な動員計画作成。

    
10・25 渋谷へ、
  「街」、
50人動員決定
 
(^o^)丿


9月28日(日) 「街」日誌
全世界の人々と連帯して
ワールド・アクションが渋谷デモを闘う
反戦共同行動
より転載
 9月27日、全世界人民と連帯して、ワールド・アクションが宮下公園から渋谷デモを闘いました。多くの労働者と学生がこの行動に参加しました。」

 デモの前の集会では、労働者・学生が次々と発言しました。彼らは米軍と英軍によるイラクの軍事占領をやめ、自衛隊のイラク派兵を阻止することを強調しました。米軍家族からのメッセージが読み上げられ、参加者は熱烈な拍手をこのメッセージに寄せました。

 多くの外国人が私たちのデモに合流し、「戦争反対」と一緒にシュプレヒコールをあげました。

 10月25日に、労働者と学生は、渋谷の宮下公園でデモと集会を予定しています。反戦共同行動委員会は、10月17日に日米首脳会談粉砕のデモを闘います。

9・27渋谷ピースウォークの写真です http://www.worldaction.jp/ より転載

Military Families Speak Out(声をあげる軍人家族の会)のスティーヴン・クレグホーンさんから日本のみなさんへのメッセージ

★インタビュー★1分30秒(ストリーミング形式、ここをクリック)

注意
この映像は、 Microsoft Windows Media Player 7 (for Windows)以降に対応しています。
ご覧になるにはMicrosoft Internet Explorer5.0以上が必要となります。あらかじめご用意下さい。
Macintoshをお使いの方は、Microsoftのサイトより Windows Media Player7.1をダウンロードしてご覧下さい。


Military Families Speak Out のホームページ http://www.mfso.org/

Bring Them Home Now Campagin(「彼らを今すぐ帰国させよ」キャンペーン)のホームページ http://bringthemhomenow.org/ 

日本のみなさん、平和を愛するみなさんへ。
Bring Them Home Now Campaignに集まる米軍家族は、イラクにおける軍事占領に反対して、イラクにいる兵士を故郷に戻すよう要求します。

(日本の自衛隊の家族にメッセージをお願いします)

私が日本の自衛隊の家族のみなさんに伝えたいことは、私たち米軍家族はイラクに自衛隊が絶対に行かないことを望んでいることです。
私たちは、日本政府に自衛隊をイラクに行かないよう決定することを望んでいます。
私たちは、イラク占領を終わらせるようブッシュ政権に要求しています。ともにたたかいましょう。


27日の「街」
昼食はこがし醤油ご飯  生協のサーモン モズク、大根・卵の煮付け
 働くタカちゃん フッ君の手もみを真似する 店前にオモチャのディスプレー
7人で、渋谷 ピースウォークに参加しました。
オニギリです
 会長のお孫さんが書いた反戦塗り絵 イギリスの反戦連合からのアピール 反戦自衛隊・小多さん
 「ヨッシーとジュゴンの家」は「岐路2003」と「戦争イブ」を唄う
 タカちゃん、会長が先頭を進む。
日本自民党、改憲を総選挙公約に
  日本の自民党が11月の総選挙で、憲法改正を公約にする案を積極的に推進している。国民の保守化ムードに便乗して憲法改正を公論化した後、総選挙で勝利した場合、本格的な改正作業に着手するものと分析される。改憲の中心は、戦争・軍隊保有を禁止した第9条を改正し、軍隊と集団的自衛権(戦時同盟国支援)を認めるというものだ。

  東京新聞は25日「自民党が結党50周年を迎える05年11月までに、改正案を確定するという点を総選挙の公約に提示する方向で調整作業している」と明らかにした。

  小泉純一郎首相はすでに自民党に対し、05年11月までに憲法改正案をまとめるよう指示しているが、総選挙公約を前面に押し出す場合、憲法改正問題は選挙の最大イッシューになることが予想される。自民党は選挙で勝利すれば、これを国民が認めたものと見なし、本格推進に踏み切ることが確実視される。

東京=呉デ泳(オ・デヨン)特派員mailto:dayyoung@joongang.co.kr 2003.09.25 17:49

「軍事独裁時代教育民主化弾圧とまったく同じだ」
全教組全羅北道,扶安校長団圧力ドギョユックチォングに謝罪要求
 扶安小中高学生たちの登校拒否事態がひと月を越した。扶安地域48個学校校長団は教育正常化のために核廃棄場原点見直しを促す記者会見を24日持つ事にした。この日の記者会見は無視され、ステートメントを公開することで取り替えられた。これと関連ドギョユックチォングは扶安地域校長先生たちの立場(入場)発表は公務員の集団行為禁止条項にあたると校長先生たちに圧力を行使したことと知られた.

 扶安小中高校長協議会は扶安事態の深刻性を深く認識して教育自適立場(入場)で学生たちの被害を最小化するための方案に'核廃棄場全面再検討'を要求する事に意見を集めた。また扶安地域全体教師の67%の505人の署名を受けてソウルに上京してビミンズゾックな決定で成り立った扶安核廃棄場を白紙化して学生たちが学校に帰って来るように扶安地域教師63人は国会に請願して青瓦台に嘆願書を伝逹した。

 去る15日'核廃棄場御破算'教師宣言を言った全教組全羅北道支部は"「扶安核廃棄場問題で始まった学生たちの登校拒否事態を解決するための校長先生たちと教師らの忠実な気持ちを軍事独裁政権施設教育民主化運動を弾圧した方式とまったく同じく対応しているドギョユックチォングの策略に怒りを感じる」と「ドギョユックチォングは今でも扶安地域校長団と教師らの教育自適良心から出た音を阻んだ行為に対して扶安軍民と全羅北道道民たちに丁寧に謝らなければならないこと」と要求した。
“私たちは子供達が教えたいです.”扶安教師たちのソウル上京,国会議事堂前

9月27日(土) 「街」日誌
今日は、渋谷に行きまーす (^o^)丿

自衛隊のイラク侵略派兵をとめよう
米英軍をイラクから撤退させよう
世界の人たちといっしょに行動しよう !

STOP WAR!

WORLD ACTION

9・27

とき 9月27日(土) 午後5時30分集合
    午後7時ピースウォーク出発
ところ 渋谷・宮下公園 (地図)

http://www.worldaction.jp/
昼食は、豚とじ丼と豚汁、ホウレン草  「街」ニュースの発送をするヨッシー 引き取りに出発する新亀さん
佐竹さんから豆腐の差入れ !(^^)! 賑わう店内  パイタンと麟太郎
 夕食は、オデン11種 伊丹さん差入れのラタトゥーユ  伊丹さんのキムチ

 晋くんの「命を守る会」日誌  辺野古にどでかい米空母現る!    沖縄・名護「ジュゴンの家」日誌より転載
25日(木) 朝9時、辺野古の浜辺に着くと、どーーーんとどでかいものが海に浮いていた。ぎょっ!!なんじゃありゃー。米軍の軍艦だぁー。こんなにでかい軍艦を初めて見ました。明らかに空母なみ。ちなみに調べた所・・・

「米海軍”ワスプ”級」”米海軍最新かつ、最大の強襲揚陸艦。今までに6艦建造、就役。2001年までに7番艦を建造。”
大きさ: 40、532トン。全長257.3m。幅42.7m。速力22ノット。出力70、000馬力
搭載機:ヘリコプター42機。ハリアー(海軍戦闘機)6〜8機。
乗員:1、077人。揚陸部隊1、870人。
名前:エセックス。LHD−2、1992年10月就役。日本、佐世保に配備。

と本にかいてありました。

なんてでかいんだ。腹立つー。
 上空では攻撃ヘリ”コブラ”1機が警戒にあたり。中型人員輸送ヘリ”CHシーナイト”が3機編隊で6機演習のため飛んでいました。キャンプシュワブ(名護辺野古にある海兵隊基地)のヘリパッドでは大型輸送ヘリ”スーパースタリオ”が2機離陸を持っていました。まるで戦場に立たされているようです。

 その後一時間程演習が続き、新聞社に取材してもらいました。
そのまま停泊しているようなのでいったん「命を守る会」に戻って来訪者と話をしていました。すると13:30頃守る会の目の前に来たので監視。空母の上部分にヘリ、戦闘機40機程が配備され、ますますまがまがしくなっていました。

 ホワイト・ビーチからの連絡では、佐世保から沖縄に寄航し、フィリピンで米比合同訓練「SOGIEX03」を行った後、休むまもなく沖縄で演習をしているとの事。今日沖縄ではホワイトビーチにもハーバァーズフェリー(米海軍ドック型揚陸艦)が寄航しており、ブルービーチにはLCAC−1(エアクッション型揚陸艇)が2機上陸訓練を行っていたとの事。沖縄全体、特に北部地域では米軍の演習一色になっていました。

 東恩納琢磨さんは瀬嵩から船を出して空母に近づこうとしましたが、平島(辺野古の沖800メートルにある島)についた時に船がリーフより沖合約10キロの所にいる事を知って引き返したそうです。
そんだけ離れているのにこんなに近く見える・・・このやろー。

 その後も揚陸舟艇と思われる船がエセックスに乗り込むのが見え、キラウェアという補給用弾薬を積める船がちかづいてきているのが見えました。米比演習とはなんなのだろう。演習という名を借りたフィリピンの人達への攻撃なのだろうか。沖縄を利用するな!むかついてしょうがなかった。

 エセックスは4:00頃に引き上げていきました。大城敬人市議の話では具志川のほうで今晩は泊まるとか。沖縄にも佐世保にも来るなー!!かえれーー!このとんちんかん!!雨の中忙しい一日でした。
9月24日(水) この間、「命を守る会」は大学生の来訪者であふれかえっていました。なんでも夏休みで航空チケットが安かったとか。祐治さんも七年やっていて、一日に6件もの大学生の来訪者は初めてだと言っていました。
とにかく全国から平均して、40名程の大学生達が一時間おきにやってきます。

 米軍の演習も激しくなってきています。頭を揺らすような爆音が聞こえたと思ったら、頭上を6機編隊の戦闘機が飛んでいく。いままで、6機編隊で飛んでいるのは見た事がない。沖縄では戦争が始まっているかのようだ。そのせいか、学生達の飛行機も毎度遅れるようで、時間の変更の電話がひっきりなしでした。

 学生達の案内でやってきたマキシさんの話。
「サンゴはね、昔沖縄の赤瓦の漆くいの材料に溶かして使われていたんだよ。家の柱の下に大きな石サンゴ(サンゴが死んで、白化したもの。白化すると固くなる。)を置いていた家もある。サンゴを柱の下に置いたのは、サンゴに無数に開いている穴が水のはけ口となって、柱が腐らないからなんだ。沖縄はそうやって、昔から、この海に守られて生きてきたんだよ」。すごーい。マキシさんは物知りおじさんだ。家と自然は密接な関わりを持っているんだ、でも今の家は皆、隔離するような家ばかりだ。まるでこの社会のあり方だ。

<2003年9月26日 朝刊 31面>

無通知訓練に怒り/シュワブ沖 米軍、部隊に注意し中止

 名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沖で、米海兵隊が那覇防衛施設局や地元の自治体に事前通知せず、強襲揚陸艦やヘリなどによる訓練を実施していたことが二十五日、分かった。米軍が訓練を日本側に通知せず、実施したことが明らかになるのは、異例。同日中に訓練を知った名護市が「遺憾」と申し入れ、那覇防衛施設局の照会に、米軍が認めた。米軍は「関係部隊に厳重に注意し、訓練を中止させた」とし、同施設局は再発の防止を申し入れた。

 同日午前から、シュワブ沖には、強襲揚陸艦が姿を見せ、搭載機と思われるヘリが編隊を組み、離着陸など訓練を繰り返した。沿岸から観察していた男性によると、訓練は午後も引き続き行われたほか、同沿岸域には複数の艦船が姿を見せた。

 市は午前、基地対策室の職員を現場に派遣。情報収集の結果、ヘリが編隊を組み、上空を飛び回る様子に「訓練である」と認識。市の中本正泰基地対策室長は「通常は市に対して、提供水域の水面使用の通知があるが、今回はなかった」と、同日中に那覇防衛施設局に、通知なしに対し、口頭で遺憾の意を伝えた。

 これを受け、那覇防衛施設局は、同日中に米海兵隊外交政策部(G5)に照会したところ、米軍側は通知なしの訓練実施を認め、関係部隊に注意し、訓練の中止を命じたという。

 この日の訓練を沿岸から監視した命を守る会の金城祐治代表は「市にも国にも知らせていないとは。米軍になめられているのでは」と憤り、「大がかりな訓練だった。怖かった」と述べた。

<ジュゴン保護>日米市民団体、米連邦地裁に提訴

 名護市辺野古沖合の米軍普天間飛行場代替施設の建設をめぐり、同海域に生息する国の天然記念物ジュゴンの保護を求め、日米の市民団体や個人が連携して米国防総省を相手に26日、米国の文化財保護法(NHPA)に基づきカリフォルニア州北部地区連邦裁判所オークランド支部に提訴した。原告名に日本の海域に生息するジュゴンも表示されている。

 日本側の原告や弁護士らが同日、県庁記者クラブで発表した。

 訴状などによると、原告側は、1997年の国防総省による普天間移転後の基地運営に関連する文書について、NHPAの規定を順守せずに作成したとして、同文書のNHPA違反の確認と排除を求めている。

ま ち 619号
2003年9月20日発行

 街・を応援する会
応援先 リサイクルショップ・街 住所:東京都練馬区関町北4-2-11 電話:3928-1378
9・14 沖縄・名護 満月まつり
会場のすぐ横はフェンスでしきられた
キャンプシュワブ
横断幕
トップは、まよなかしんやさん 知花昌一さん ビューティーサシダ
シサム 東京の「街」一行到着 早速ビールを飲むアルとハネやん
ヨッシーとジュゴンの家の衣装
手作りジュゴンTシャツ
出番を控えた知花竜海くん 知花昌一さん

富田さん祐治さんとあって固い握手!
晋がおせわになってます!
「みなさん、この海を見てください!」
声をつまらせながら話す「命を守る会」
の金城祐治さん。
「命を守る会」の嘉陽のおじぃもアピール
富田晋とおばぁたち 鶴子さん、うららちゃんも飛び入り!
沖国大エイサー鼓舞楽団「浦風」 カキ氷を食べながらエイサーをみる子どもたち。 辺野古の海につくられようとしている新基地
についての話。マキシさんと琢磨さん。
コスタリカの軍隊は動物ですよ、とTシャツ
をみせながら知念良吉さんに話すハネやん
浪花のパギやん、参上!! 洋平君とマキシさん再会の握手
夕暮れて・・・第2部のスタート
まよなかしんやさん。 サンゴの2人 ハズキッシュ アイズ
知念良吉さん ヨッシー&ジュゴンの家登場 ユージ君を歌うようこちゃん
アルさんが、軍隊のない国コスタリカ
の事をアピール
 トミタさん
しんくん のりこさん 金城繁師匠の太鼓を叩くハネやん
趙博・パギやんと金城繁師匠       ぽっかりと満月が昇ってきた               海勢頭豊さん
ぽっかりと満月が昇ってきた トミタさんは踊る  踊るアル
最後はサンゴの演奏で、満月まつりテーマソング「継いでゆくもの」をみんなで歌いました
 
最後は東恩納琢磨さんの挨拶

9月Dへ 10月@へ


「街」日誌の頁へ
[PR]動画